ストレートタイプだけどカジュアルが好き!ナチュラルタイプに寄せる方法




こんにちは!
いちかわさとこです。

なかなか更新できず、すみません。

待っててくれる人いたりするのかな…。いたらいいな(笑)
マイペースですが頑張りますので、気が向いたら覗きにに来てくださいね!

さてさて!
前回は、骨格タイプ:ストレートがウェーブタイプに寄せる方法を書きました。

ストレートタイプだけど可愛いスタイルが好き!ウェーブタイプに寄せる方法

2018.05.03

続いては「ナチュラルタイプ」に似合うとされているコーディネートに近づけるためのコツです。

今の時代、ナチュラルタイプが最も着こなせる形のお洋服で溢れています

ストレートタイプにとっては苦しい時代(笑)

いちかわも含め、カジュアルなスタイルが好きな人はいっぱいいます。

でも、

ストレートタイプって診断されたから似合わないんじゃ…
カジュアル好きだけど太って見える!

そんな悩みもありますよね。

あなたの「なりたい」と「好き」を諦めないためにも、似合わせ術を習得しましょう!

ストレートタイプの基本イメージ


前回も書きました、ストレートタイプの基本イメージ。

そう!定番スタイル。
ベーシックアイテムをきっちり着て、着崩さない品のあるコーディネートが映えます。

ラフ感たっぷりのナチュラルタイプとは正反対ですよね。

でも、カジュアルスタイルは普段の生活の中で一番必要とされる場面

ベーシックアイテムばかりで飽きちゃう。

そうなる前に、賢いカジュアルの取り入れ方をご紹介します♪

ワイドパンツは強い味方

最近、定番化している「ワイドパンツ」。
みなさん何本かも持ってるんじゃないですか?

着るだけで一気にカジュアル度が高まるので、取り入れやすいアイテムですよね。

アイテム選びで重視してほしいポイントはこちら!

裾が広がりすぎない
フルレングス
できればノータック
ウエスト周りの装飾は控えめに

裾にかけてのシルエットがあまりにもワイドだと、カジュアル感が強すぎてしまいだらしなく見えるかも

広がりすぎないデザインなら美脚もシルエットも両方手に入れられます!

「フルレングス」と「ノータック」に関しては前回の記事をチェックしてくださいね!

簡単に説明すると、

POINT
・中途半端な丈は短足の原因になる。
・タックがあると腰回りが大きく見える。

ということです。

ウエストマークの応用

最後のウエスト周りの装飾ですが、
いわゆる「リボン」や「ヒモ」などのウエストマークのこと。

ウエストできゅっとリボン結びしている着こなしがありますよね。

立体的な大きなリボンがウエストにあると、厚みが増し増しになります。

正面からだと気にならないかもしれませんが、横から見るとおなかが出て見えるので注意してくださいね。

どうしてもウエストマークが欲しいという人は、レザーのベルトがおすすめ
厚みが出にくいし、シンプルなのでストレートタイプにピッタリですよ。

「いいえ!それでも私はボトムスとお揃いのリボンが使いたい!」というあなたには、
結ばない」という着こなしをご提案!

リボンは結ぶものだ。そんな常識は覆りました。笑

じゃん!

リボン結びをする途中でやめるだけ!
時代は「結ぶ」から「垂らす」にじわじわきてますよ~。

リボンは可愛いイメージになりがち。

試しに垂らしてみたら、子供っぽくならずこなれ感が

こなれPOINT
結び目は、中心ではなく、左右どっちかに寄せること!
垂らすヒモの長さを揃えないこと!

ほどけそうで心配なときは、

コマ結びをしてあげれば緩んでくることもないですよ♪

実は…このパンツ、ずーっとリボン使わずに履いてたんですよね。

だからちょっとくしゃっとしてるの。ごめんなさい。

なぜならお腹周りにボリュームが出るから。
それからリボン結びがヘタだから(笑)

でも今回写真撮らなきゃ~と思って、開封もせず放置だった袋から引っ張りだしてやってみたら…、なんだかいい感じ!

今度履くときはリボン使ってみようかな。
もちろん垂らす作戦で。

ぜひ、オトナ女子必見のアレンジ、試してみてくださいね!

ロング丈はIラインシルエットで着やせ効果

ナチュラルタイプが得意な超ロング丈。

ストレートタイプはIラインシルエットが得意

ならば、ロング丈の羽織物もストレートタイプには取り入れやすいアイテム。

主役はカーディガンですから、他がベーシックアイテムでも問題ありません。

ただ、ローゲージニットのようなざっくりニットだと、たくましく見えてしまうので注意。

加えて、肩落ちしてるとさらに見た目体重が増加するので、避けた方がいいと思います。

逆に言えば、ハイゲージの薄めの生地のロングニットカーディガンだと、肩落ちしていても着太りは最小限に。

さらにさらに、中途半端に5cmくらいの肩落ちよりは、ガッツリ15cmくらい落ちていた方が肩幅も気にならなかったりしますよ♪

たくさん試着して比べてみてくださいね!

まとめ

ストレートタイプがナチュラルタイプに寄せる方法、いかがでしたでしょうか。

まだまだ細かいポイントはたくさんありますが、それはおいおいご紹介していきたいと思います!

このアイテムはどう!?
こういうコーディネートしたいけど、気を付けるポイントは!?

などなど、ありましたらコメント・お問い合わせくださいね♡

さて次回は、ウェーブタイプが「ストレート」「ナチュラル」に寄せる方法です!

いちかわ、SNSもやってます

Instagramもやってます

ブログでもコーディネートを紹介していくのですが、
インスタを更新する方がパパっとできるので、私服などはインスタの方が早かったりします(笑)

コーディネート以外にも、載せたりしてますので、よかったらフォローしてくださいね!

@sato_itsme

ブログ読者様も大募集中

いちかわ平日はフルタイムで会社員をしております。

なので、どうしてもブログの更新が不定期になってしまいます。
毎日書けたら一番いいんですが…。

トップページから記事更新のメール通知を登録できますので、読者様も大募集です!

メールアドレスを入力していただくだけで登録完了します。
※もちろんメールアドレスは公開はされません。

購読解除もいつでもできますので、いちかわのブログ読んでやってもいいよっていう方いらっしゃいましたら、トップページからぜひご登録をお願い致します♡

今日のいちかわさん

さと
最近の口癖は「髪の毛いらない」です。
気温が高い日は、髪の毛に熱がこもって暑い暑い!
でも伸ばさなきゃいけなくて…我慢しかないんですよね(泣)
あぁ、苦手な夏がやってくる~

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。