【アイテム編】ビッグシルエットでも着ぶくれしない方法




こんにちは。
いちかわさとこです。

先日、友達にモデルになってもらい、パーソナルコーディネーター®の実習テストを受けた記事を書きました。

事前にアンケートや質問のやり取りをする中で、こんな悩みをお持ちということが判明。

「オーバーサイズの服が好きだけど、太って見える」

当てはまる人多いんじゃないですか?

最近は抜け感を意識したお洋服・コーディネートが流行ってますもんね。

着ぶくれしないビッグシルエットの取り入れ方はどうすればいいのか?
解決法をご紹介します!

今回は【アイテム編】です!

アイテムごとの原因と解決法

トレンドど真ん中のビッグシルエット。

ゆるっとして可愛いですよねー。
いちかわもビッグシルエットのお洋服好きです。

実際着たらストレートタイプの私は、もれなく着太りするので、ほぼ見るだけですけど(笑)

それでは、アイテムごとの着ぶくれする原因と着こなしの解決法をご紹介します。

ドロップショルダー

お店に並んでいるトップスって、ドロップショルダーが半分…いや半分以上じゃないですか?

ドロップショルダー=華奢に見える

という記事もたくさん出ているのですが、
肩幅が気になるという人は、さらに肩幅が広く見えちゃうので要注意です。

中には華奢見えする方もいるのですが、肩幅が広い、いかり肩の人は、逆に協調してしまう恐れがあります。

すべての人がドロップショルダーを着て華奢に見えるワケではありませんので、鵜呑みにしないでくださいね。

特に骨格タイプがストレートの人!

ストレートタイプの方は、セットインスリーブ(脇から肩の縫い目ががほぼ垂直なもの)がスッキリして見えますよ。

ワイドな身幅

「身幅」とは、お洋服の幅。右の脇下から左の脇下までの長さのこと。

一回りも二回りも大きな身幅では、せっかく細いウエウトも隠れてしまいます。

ストンと体に沿って落ちる、とろみ系の素材ならまだ気にならないかもしれませんが、
シャツのようなハリがある生地だと、体から浮いた状態のまま形をキープしてしまいますよね。

ウエストインしても、余った生地でもたつきます。

じゃあ出して着たら大丈夫?というと、それも着丈によっては着こなしが違います。

ウエストインしなくてもバランスの取れた短めの丈なら問題ないですが、
これが中途半端に長いとさらにもっさりする可能性が。

おすすめなのは、前だけウエストインする方法。

一部だけボトムスに入れて、ウエストここですよ!と見せるだけで、そのままの状態より脚長効果があります。

サイドから見ると斜めのラインができるので、抜け感もばっちり!

盛り袖

最近は袖にリボンやゴムが入ったキャンディスリーブという形をよく見かけますね!

これも生地がしっかりしたものだと、二の腕からボリュームが出て、太って見える原因になります。

腕の付け根からだんだんと広がる、ベルスリーブなら綺麗なラインになるのでおすすめです。

また、キャンディスリーブのように、紐やゴムがある場合は、手首を見せましょう。

肘までまくり上げちゃダメですよ!
一番細い手首を見せることが最大のポイント

ボリュームのある袖から、華奢な手首をチラ見せすることによってメリハリが生まれます。

超ロング丈

ざっくり編みのロングニットカーディガン。可愛いですよねー!

床についちゃうんじゃないの!?ってくらいの長さのカーディガンやガウンも見かけます。

平均~高めの身長の方ならまだしも、身長が低めの女の子がふくらはぎより長い丈を着ると、重心が下がるのでスタイルアップにはなりません

小柄な方がスーパーロングヘアにすると、バランスが悪くなるのと同じです。

それでも着たい!!という人は、ボトムスをハイウエストで着ると、重心が上がるのでバランスよくきまりますよ。

まとめ

着ると簡単に「こなれ感」を出せるので、取り入れたいシルエットですよね。

でも太って見えるのは嫌なわけで。

アイテムごとの特徴や、気を付けるポイントを考えてコーディネートすると、スタイルアップできますよ。

次回は、コーディネートの組み立て方、着こなしポイントを書きたいと思っていますので、お楽しみに!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。