骨格タイプで似合う形と素材がわかる!骨格診断ってなに?




こんにちは!
いちかわさとこです。

今日は骨格診断についての記事を書きたいと思います。

骨格診断とは、その人それぞれの骨格で、「似合う」を見つける診断です。

骨格が違うと、似合う服・似合わない服も全然違うんですよ。

いちかわ自身、パーソナルカラーよりも骨格タイプの着こなしポイントの方を服選びの際重視しています。

診断の流れ

骨格タイプは、主に3種類に分けられます。

  • ストレートタイプ
  • ウェーブタイプ
  • ナチュラルタイプ

首の太さや長さ、鎖骨の見え方、デコルテの厚み、ウエストの位置、お尻の高さ、膝のお皿の大きさ、手首の形などを見たり、軽く触らせていただき診断していきます。

パーツの特徴を分析して、3種類のどのタイプかを特定していく流れです。

それでは、3つの骨格タイプについて特徴を説明をしていきます。

ストレートタイプ

チェック項目

  • 首がやや短め
  • ウエスト位置が高い
  • デコルテに厚みがある
  • 鎖骨はあまり目立たない
  • 手首が丸い
  • 体が立体的
  • ヒップトップが高い
  • ひざ下が細い
  • 太るのは上半身から

特徴

デコルテに厚みがあるストレートタイプは、上半身ががっしりして見えるのが特徴です。

なにもしなくても立体的な体をしている方が多いため、ボリュームのあるトップスを着ると、たちまち着膨れします。

逆を言えば、首元が大きく空いていても寂しい印象にならない
アクセサリーがなくても物足りない感じがしない。

など、「盛らない」着こなしが得意です。

ウェーブタイプ

チェック項目

  • 首が細く、長い
  • ウエストラインがなだらかで腰の位置は低め
  • 鎖骨は細い骨がクッキリ出ている
  • 手首が楕円形
  • デコルテに厚みがない
  • 首回りや胸元が寂しくなりやすい
  • 全体的に華奢
  • ヒップトップは低め
  • 太るのは下半身から

特徴

ウエストの一番細い位置が低めで、通常のウエスト位置でボトムスを履くと、上半身が長く見えてしまう方が多いです。

ボトムスはハイウエストで履くとスタイルアップしますよ。

体が薄く華奢なので、デザイン性の高いお洋服を素敵に着こなせます
フリルやレースなどの立体的な装飾を着ても、ストレートタイプと逆で太って見えたりしません。

ナチュラルタイプ

チェック項目

  • 首は細めで筋っぽい
  • 鎖骨が大きめでくっきり出ている
  • 身長に対して手足が大きめ、長め
  • 関節が目立ちやすい
  • 肉感が少なめ
  • 重心の偏りがない
  • 腰骨が出ている
  • ヒップは平面的
  • 太りにくい

特徴

全体的に骨っぽいのがナチュラルタイプ。

ルーズなビッグシルエットのお洋服、今すごく多いですよね。
ナチュラルタイプは現在アパレルで出回っている服が一番ハマるタイプになります。

全体的に重心の偏りが少ない傾向があるので、ストレートタイプやウェーブタイプのように、「なんか違う」感が出にくいのも特徴です。

まとめ

骨格タイプの診断は、太っているからストレート、痩せてるからウェーブなど、体型で判断すると思われがち。

が!太っている・痩せているは全く関係ありません!

さすがに、体重100㎏オーバーなどの極端な太り方をしてしまうと、体のフォルムは変わりますが。笑

そして、基本的にはご紹介した3つのタイプに分類はしますが、何億といる人間が、たった3種類なんかに分けられるはずがないのもまた事実。

パーツ別で見れば、違うタイプになることもあります。
だってみーんな同じ形・特徴だったら、それはそれで怖いですもんね。

変化が分かると面白い診断なので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。