【体験談】パーソナルカラー診断を受けました




パーソナルカラーの魅力にハマってから早2年が経ちました。
いや、自覚がなかっただけでもっと昔から意識はしていたのかも。

2018年、年明け早々にパーソナルカラー診断を受けてきましたので、その様子を書いていきたいと思います。

診断を受けた理由

もっと深く知りたくて

実は、1年前にも診断してもらったことがあるんです。

それからパーソナルカラーのことを理解していくにつれて、もっと詳しく!もっと深く!知りたくて、今回の診断に踏み切りました。

近所で検索

近所で見てもらえる人がいないかと探し、パーソナルスタイリストの伊藤えみさんにお願いすることに。

えみさんのブログはもちろん拝見させていたいております!
ほぼ毎日コーディネートをアップされていて、私には真似できない(笑)といつも思います。

とっても明るくてパワフルで、なんだろう…不安とかを全部吹き飛ばしてくれるような。

元気もらえちゃいますよ!

えみさんのブログはこちら

いざ、診断開始

オータムは早々に除外

まず、わりと早い段階でオータムはないね!ということになりました。

カーキとか、くすみ系の色好きなんだけどな(笑)
暗くて地味な印象になりました。

「あ、ちょっと顔映りが暗くなるな…」とか、
「さっきの色よりも顔色が明るくなった!」とか。

1年前に診断してもらったときよりも、自分自身の顔色の変化が分かったのが嬉しかったです。

変化を楽しみながら、納得したうえで進んでいくので腑に落ちやすいんですよね。

似合わない色

中でも、グレーを含んだ色(グレイッシュカラー)が地味になることが判明。
色味が少ない淡すぎる色だと、なんだかぼんやりした印象になりました。

さらに、黄味が強い色が肌を黄ばんで見せることに。
オレンジとか、黄色などですね。

そういえば私、オレンジの服持ってないな…。
そういうのも無意識に避けていたのかも?

診断結果:ブルーベース

たくさんのドレープを当ててもらった結果、ブルーベースという診断結果に!

通常パーソナルカラー診断は、主に4つのシーズン(春夏秋冬)で分けられますが、私の場合あえて分けないという診断をしていただきました。

似合う色

鮮やかな色濁っていないクリアな色が似合うと言ってもらえました。

私の場合、肌のツヤ感、髪質や髪のツヤ、目の強さなどから、鮮やかな色にも負けないとのこと。

目が強いってなんだろうと質問させてもらうと、白目と黒目の堺目がくっきりしていることだそうです。

思い返せば、成人式の振袖や、一目惚れして買った浴衣はwinterカラーでした。

知らず知らずのうちに似合う色を選んでいたのかもしれませんね。
やっぱりパーソナルカラーって面白い!!

ブルーベースカラーならなんでもOK?

ということは、ブルーベースの色なら全部似合う?と思っちゃいますが、そんな簡単じゃないんだな。笑

summerにはグレイッシュカラーが多くて、私の苦手とする色味があります。
winterにはダークなトーンの色もたくさんあるし、全てが明るい色ではないですよね。

逆に、明るくてクリアな色なら、springのカラーも意外とハマるんです。

ブルーベースだから全部似合う、イエローベースのカラーは全部似合わない、ではないんですね。
あくまで私の場合ですが。

まとめ

なんやかんや書いてますが(笑)
結局のところ私が服選びで気を付けるポイントは、シーズンうんぬんより、濁りのないクリアな色

あとは、優しい雰囲気に見せたいならsummerやspringカラー。
かっこいいシャープさ、華やかさを演出したいならwinterカラー。

誰と、どこで、いつ会うかで使い分けるという技も伝授していただきました!

あえてシーズンを決めないことで、色の幅が増えるし、似合う色が多いんだとポジティブに考えることにします。

えみさんありがとうございました!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。