似合う色はみんな違う!パーソナルカラーの効果




私が初めてパーソナルカラー診断を受けたのは、1年前の24歳のとき。

パーソナルカラーの存在自体は、診断を受けるもっともっと前から知ってたんだろうけど。

自分にとっても、そこまで重要なことではなかったんですよね。

どんな効果があって、どういうときに役立つかを理解したのは本当に最近の話。

そんな、私がこの仕事をやりたいと思ったキッカケにもなったパーソナルカラーのお話をしたいと思います。

パーソナルカラーってなに?

一人一人に似合う色のこと。
…ザックリとした意味は↑こんなかんじですよね。

もう少し詳しく説明しますと、一人一人が生まれ持った色(肌、目、頬、唇、髪の毛など)と、雰囲気が馴染む・調和する色のことです。

誰一人同じ顔の人はいないですよね。
それと同じように、似合う色もまた人それぞれ違います。

あなたの個性を生かしてくれる色…パーソナルカラーを身にまとえば、あなたの魅力を引き出し素敵に見せてくれる効果があります。

パーソナルカラーの効果

では、ご自分のパーソナルカラーのものを身につけると、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

似合わない色を身に着けたときと比較させて書いていきます。

顔色を明るく見せる⇔くすませる

パーソナルカラーは、主に顔周りにもってくると、より効果を発揮します。

似合う色を着ていると、光がお洋服に反射して顔色を明るく見せてくれます

プロのカメラマンが撮影するときに、モデルさんに向けて白い板(レフ板)を持った方がいますよね。まさにその役目なんです。

「なんだか今日、顔色がいいね」

そんな言葉をかけてもらえることも。

反対に、似合わない色を着ていると、どんよりと暗い印象を与えてしまいます。
お肌がくすんで見えてしまうんです。

「なんか今日疲れてる?」

全然そんなことないのに…。と周りから心配されたことないですか?
もしかしたら、あなたの着ていたお洋服の色が原因かもしれません。

フェイスラインをスッキリさせる⇔ぼやけさせる

フェイスライン(頬から顎にかけてのライン)をスッキリほっそり見せてくれる効果もあるのです。

体重は1キロも変わってないのに、痩せた?と思わせるのも色の力なんですよ。

では似合わない色は?

お顔に反射した色が影響して、スッキリ見せるどころか、ぼんやりさせてしまいます。

ぼやけた印象→膨張して見える→太って見える

頬が下がって見えたり、老けた印象になることも。

肌トラブルを目立たなくする⇔目立たせる

女性は特にお肌の悩みは多いですよね。

シミニキビクマほうれい線…。あぁ数えだしたらキリがない!

でも、それらを目立たなくさせるのもパーソナルカラーなのです。

お顔を明るくするという表現と似ていますが、お肌を艶やかに見せます

  • 目の下が明るくなりクマが目立たない
  • 肌にハリが出て、皺・毛穴が目立たない
  • 艶が出てシミが薄く見える

色のもたらす効果は思っているよりハッキリあらわれます。
年齢が進んでいくとより顕著に。

若いときはなーんにも気にせず紫外線浴びまくりの、スキンケアもサボりまくり。
なんて心当たりがある方は要注意!

似合わない色は、お顔に影を作ります。
つまり、凹んだところはより、凹んで見せてくれます。

ということは?
皺、ほうれい線、目の下のたるみなど。
これらをより深いものに見せて、さらにそんなお顔の印象も深く相手に刻まれます

まとめ

パーソナルカラーの効果、イメージしていただけましたか?

たかが色、されど色。
自分が思っている以上に、周りへの印象は大きく変化します。

私もパーソナルカラー診断を受けて、実際に目で見て顔色の変化を感じました。

好きな服を着たらいい。もちろんそれも大事です。

ですが、知っている上で好きな服を着るのと、知らないまま好きな服を着るのとでは全然意味が違ってくると思うんです。

もし興味があれば、お近くの診断している方を探されてみてはいかがでしょうか?

また次の機会に、私がパーソナルカラー診断を受けたお話も載せたいと思います。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。