黒髪でも黒が着たい!重くならないポイント




こんにちは!
いちかわさとこです。

髪を染めたくても染められない!!
そんな方もたくさんいらっしゃいますよね?

黒髪なのに黒の服を着るとなんだか重たい…。
でも黒は好き!黒が着たい!

今日は、そんな黒髪さんのための、重くならない黒の取り入れ方をご紹介したいと思います。

黒の面積を減らす方法

真っ黒をやめてみる

そもそも重たく見えてしまうのって、真っ黒の髪に真っ黒のトップスを着るからですよね。

それなら、ボーダーやチェックなどの柄物を取り入れて、黒そのものの面積を小さくしてしまえば、黒は黒でも重たくはならないですよ。

特にギンガムチェックは2018年春夏のトレンドですから、お店にもたくさん置いてありますよ。
ぜひチェックしてみてください!

髪の毛をまとめ上げる

上で紹介した、トップスの面積を減らす、に似ていますが、次は髪の毛の黒の面積を減らすという提案です。

例えば、胸より下まであるロングヘアを、ポニーテールやルーズにまとめたおだんごにすると、首元が出るのでスッキリします。

ヘアアレンジをするだけで、さらにオシャレ度もアップ。

黒を顔から離す方法

首元を開けてみる

首元が広めにあいたトップスなら、顔まわりの暗さも解消します。
デコルテを見せると女性らしい印象になりますよ。

Vネック広めのUネックシャツのボタンを2段くらい開ける、などがオススメです。

ボトムスで取り入れてみる

髪の毛まとめるの苦手だよ!不器用だよ!という方は、ボトムスで黒を取り入れてみましょう

顔まわりに黒をもってこないだけで、黒髪と黒トップスのダブルパンチはなくなります。

さらに黒は白やネイビーなどのベーシックカラーとの組み合わせも◎。
色物でもバッチリ合います!

視覚を利用する方法

アクセサリーで視線をそらせる

首元がつまっているものや、ハイネックのトップスを着たいときは、大ぶりのネックレスがあると便利ですよ。

パールやビジューなどのキラキラするものだと、アクセサリーの方に視線が移り、黒の重たいイメージを軽減することができます。

素材を軽くしてみる

真っ黒のニットはかなり重たい印象を与えてしまいますが、レースやシースルーなど、軽い素材に変えるだけでかなり違って見えます。

オーガンジーなどもおすすめ。
総レースのハイネックは最近よく見かけますよね。

まとめ

いかがでしたか?
取り入れられそうな方法はあったでしょうか。

真っ黒のハイゲージ(縫い目の細かいもの)は黒髪さんが軽さを出したいときには難しいアイテムです。

着たい服を我慢せずに、今日ご紹介した解決法で、軽やかな女性になりましょう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。