ナチュラルタイプだけどカチッとコーデが好き!ストレートタイプに寄せる方法




こんにちは!

パーソナルコーディネーター®
パーソナルコーディネート診断アドバイザー

いちかわさとこです。

最近のお洋服全般は、ナチュラルタイプが一番着こなせるものが多いです。

ドロップショルダーや、ワイドパンツ、オーバーサイズなど、

こなれ感や抜け感を意識した商品展開

だけど、全員がそれを好きとは限りませんよね?

私はゆるっとした服好きじゃない
もっと凛としたカッコよさに憧れてる

好みは人それぞれですから、ナチュラルタイプと診断されたから、ナチュラルタイプが得意とする服しか着ちゃいけないなんて間違いです。

ベーシックな、着崩したりしないコーデが好きなら、それを意識しつつもスタイルアップする方法を習得しちゃいましょう!

ナチュラルタイプの基本イメージ


カジュアルラフ無造作こなれ感

ゆるっとシルエット、着崩したりしてもだらしなくならないナチュラルタイプ。

日常で一番必要とされるカジュアルなコーディネート

それでも、

もっと大人っぽく着たい!

女性が憧れるカッコイイ女性になりたい!

そんな方たちに向けてのポイントをご紹介したいと思いますので、ぜひ試してみてくださいね!

素材の選び方

素材は得意なものを選んで

例えば、一番イメージしやすいシャツコーデ

ストレートタイプの場合、ドロップショルダーではなく、肩落ちしていないものが着やせポイント。

ドロップショルダーを選ぶと一気にカジュアル感が強くなるので、今回はセットインスリーブで考えてみます。

シャツの形は定番中の定番を選んだとして、素材をリネンにしてみるとどうでしょうか。

自然素材の生地を着こなせるナチュラルタイプだからこそ、形がベーシックだったとしても、お堅くなりすぎません

デニムシャツなんかも素敵ですね!

ポイント
ストレートタイプが得意なハリのある素材だと、
肩幅が気になる人は余計に目立つ可能性があるので柔らかいものを選んでくださいね。

ボトムスの選び方

パンツをストレートに寄せてみる

今の時代、ストレートタイプに合った形のシャツを見つけるのは難しいかもしれません。

何度も言いますが、今はナチュラルタイプの時代

それならば、ゆるっとしたシャツに、キレイめのパンツを合わせたら?

シンプルだけど、抜け感を意識したシャツに、広がりすぎない形のストレートデニム。

シャツは前だけインしてこなれ感をプラス

デニムの裾と、シャツの袖は少しまくって

パンプスを合わせたらナチュラルシンプルなコーディネートの完成!

少し工夫しただけでもオトナ女子に変身できちゃいますね!

スカートも同じ感覚で

トップスがゆるっとシルエットでも、ボトムスをタイトスカートにすれば、凛とした女性のイメージになりますよね。

気を付けてほしいところは、ナチュラルタイプは骨のゴツゴツ感が気になる人が多め。

なので、膝が隠れる長さの丈を選ぶのがポイント

特に今は、膝下より長めの丈がトレンドなので、たくさん見つかると思いますよ!

着てみたけどなんだか物足りない…という場合は、ナチュラルタイプが得意なボリュームのあるアクセサリーをつけてあげるといいと思います。

足し算コーデが得意なナチュラルタイプなので、ゴチャゴチャしてうるさくなることはないので試してみてくださいね!

まとめ

ゆる×ゆるコーデが得意なナチュラルタイプ。

ポイントは、

上がゆるめなら下はタイトに。

上がタイトなら下はゆるめに。

どちらもゆるくしてしまうと、ザ・ナチュラルタイプコーデになるので、上下どちらかをタイトにするとストレートタイプに近づけますよ!

それから、素材は柔らかい自然素材を選んでみてください。

デニムリネンしわ加工のはいったものなど、ストレートタイプに寄せながらも、ナチュラルタイプのいいところも取り入れてくださいね。

今日のいちかわさん

さと
最近のいちかわはスカートブームです。
ついついスカートを買ってしまって、
上に合わせる服がないという事件が起きてます(笑)
ストレートタイプの夏のトップス選びは難しい…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。